人気ブログランキング | 話題のタグを見る
please click colored circles. 最新の日記に更新 ブログトップ
2005年 07月 27日
Googleマップ、緯度経度で指定したりテキスト入たりする方法
Google Maps APIやスクリプトなんてわからなくても、緯度経度から指定したり、文字を入れたりはすぐにできます。

Googleマップの検索のテキストボックスに
千代田区千代田1-1(here!)
と入れれば、こんなふうに文字が出ます。住所の後に半角の()で囲んであげるだけ。

このときに地図の外右上の"このページのリンク"というのをクリックすると、いまのページのURLが取得できます。
このURLを細かく見てみると
http://maps.google.co.jp/maps?q=%E5%8D%83%E4%BB%A3%E7%94%B0%←ここまで千代田E5%8C%BA←区%E5%8D%83%E4%BB%A3%E7%94%B0←千代田1-1(here!)←here!&hl=ja
だということがわかります。

かんたんに日本語で書くと
http://maps.google.co.jp/maps?q=千代田区千代田1-1(here!)&hl=ja
でも日本語ではアドレス指定できないから、ブラウザが勝手に符号化(エンコード)してくれます。


住所がわからないときは、緯度軽度でも指定できて、たとえば、
http://maps.google.co.jp/maps?q=35.680659,139.757195(here!)&hl=ja
住所緯度,経度に変わっただけです。

この緯度経度もGoogleマップから拾えます。Googleマップのトップ(http://maps.google.co.jp/)から地図左のズームと上下左右スクロールだけで行きたいとこへいって、行きたいところにたどり着いたら、地図の外右上の"このページのリンク"をクリックするとこんなふうになります。

こんどのURLは、
http://maps.google.co.jp/maps?q=35.680659,139.757195←緯度,経度&spn=0.004545,0.006839←ズームの比率&hl=ja
これでこの場所の緯度と経度がわかります。
後ろの&spn=0.004545,0.006839は倍率で、この0.004545,0.006839はいちばんズームのときの数字です。

緯度と経度をカンマで区切って検索のテキストボックスに入れて、住所と同じように()で文字を入れることもできます。
35.680659,139.757195(ここだよ!)
そうするとこんな感じ


とにかく

http://maps.google.co.jp/maps?q=緯度,軽度(テキスト)&spn=倍率&hl=ja

と書けばいいわけです。


でも、Google Maps APIをちゃんと読めば、もっと正当なやり方があったりやれることもたくさんなのでしょうが、とりあえず。でも、すごいなぁ、Google。これちょっと使えるようになりたいので、JavaScriptともどもGoogle Maps APIつかえるようになるで。俺。

by sa_se | 2005-07-27 19:19 | 日記


<< 瓢箪      Googleマップで夏スポットリンク >>